室内にも気にしてほしいコーキングNo2

前回は、水回りでコーキングが必要な所を紹介しました。


今回はそれ以外の所です。



・各部屋の壁の入隅や天井と壁の取り合い

各部屋の入隅部分の口が開いてしまうと、
隙間風が入ってくるので良くありません。


コーキングを行う事で、シャットアウトする事が出来ます。


隙間が狭いので、地震等で大きな力がかかってしまうと、
切れてしまう恐れがあります。




・建具枠と壁との取り合い

建具枠と壁との取り合いも隙間が出来やすいので、
コーキングで埋めて隙間を無くしましょう。




内部のコーキングの劣化を早めない為には、湿気を発生させない事です。


特に洗面所や浴室は湿気が多くなりがちなので、
コーコングが劣化しやすくなってしまいます。


こまめに換気をするようにし、
コーキングの劣化を避けるようにすると良いでしょう。


また、紫外線もコーキングの劣化をさせてしまいます。


各室に紫外線を与えないようにするのも、1つの方法です。


フィルムなどを窓ガラスに張って紫外線を
シャットアウトさせるなど、
コーキングが劣化しないようにすると、
建物の寿命を長くさせる事が出来ます。



コーキングのメンテナンスは、
素人さんでも簡単に出来る様に思えるのか、
DIYでされる方も多いようです。


コーキングで大事なのは、2面接着で均等な厚みの
コーキングを作る事です。


意外と簡単に聞こえますが、物凄く技術の要る事ですので
決して簡単ではありません。


DIYで行って均一なコーキングの厚みが作れず。
たった数年で切れてしまう事はよくあります。


その為、素人さんがメンテナンスを行っている
室内コーキング部分は劣化が激しく、
知らず知らずのうちに建物に大きな
負担を与えている場合があります。


コーキングの幅は広くても施工が難しいですが、
室内のような細い幅の施工もとても難しいです。


室内のコーキングは、プロの防水屋さんに
行ってもらう事をオススメします。
私が防水工事をしてくれる業者を探すときには、
まずはインターネットで色々情報を探します。

実際の防水工事の見積もりが掲載されたサイトがありますので
参考になるかと思います。
>>防水工事

プライマー塗布の流れ

コーキングは防水メーカーで取り扱っており、
ホームセンターでも取り扱っております。
プライマー塗布は、このような流れで行っていきます。

・乾燥

コーキング溝が乾燥されている事を確かめ、
乾燥されているのが確認された後プライマー塗布へと進みます。
コーキング溝が乾燥されていないうちの
プライマーを塗布すると、プライマーを弾いてしまい、
プライマーの効果を半減させてしまいます。

・プライマー塗布

プライマーを良く撹拌した後に開栓し、
細い刷毛を用いてコーキング溝に塗布します。
タップリ塗布し、塗布漏れが無いように
しっかりと塗布します。

たった、これだけの作業となります。
乾燥と塗り方さえ間違わなければ、
どなたでも出来る簡単な工程となります。
プライマーをしっかりと塗布させ、
万全なコーキング工事へと導きましょう。

コーキング工事の際の大事な工程「プライマー」とは

コーキング工事の際に大事な工程といえば、
プライマーです。
コーキング充填の前に行う工程なのですが、
プライマーを塗布するのとしないのとでは
雲泥の差が発生します。
DIYでコーキングを行う際にプライマーを採用する方は
少ない傾向がありますが、プライマーを理解する事で
プライマーの良さを把握する事が出来ると思います。

プライマーというのは、コーキング施工には
欠かせない工程となります。
コーキングのプライマーにはどのような
ポイントがあるのか、まとめてみました。

・接着剤の効果の発揮

プライマーは接着剤の役目を果たし、
プライマーを塗布する事で被着面とコーキングの
接着を良くさせる事が出来ます。
プライマーを塗布せずコーキングを充填してしまうと、
コーキング溝へコーキングがしっかり密着しませんので
不出来なコーキングとなってしまいます。
プライマーを塗布する事で、強固で長持ちする
コーキングとする事が出来ます。

・プライマー塗布時の注意

コーキングは接着剤の効果を発揮するので、
プライマー塗布後20分~1時間以内にコーキングを
充填しなくてはいけません。
プライマーを外壁のコーキング溝全体に塗布し
時間が経ってからコーキングを充填する業者もいるようですが、
これではプライマーの接着力を発揮させる事は出来ません。
乾燥時間のオープンタイムは、プライマー塗布の際の
温度によって異なります。
ほとんどのプライマーの場合、5℃まで60分以上、
23℃まで30分以上、30℃まで20分以上と決まりがあります。
プライマー塗布後のオープンタイムを過ぎてしまった場合は、
再度プライマーを塗布しなければいけません。

・プライマーはコーキングに適したものを選ばなくてはいけない

プライマーは、使うコーキングに適した
プライマーを使用しなければいけません。
プライマーの種類やメーカーごとの専用の
プライマーがありますので、必ずそれを採用しなければいけません。

・プライマーには使用期限がある

プライマーには使用期限があり、製造後1年以内且つ
開栓後当日以内に使用しなければ行けません。
使用期間が過ぎてしまったプライマーはその効果が
薄れてしまいますので、絶対に使ってはいけません。

・F☆☆☆☆のプライマーを採用しよう

プライマーのほとんどがF☆☆☆☆ですが、
稀にF☆☆☆☆ではないプライマーもございます。
キシレンやトルエンなどの有害物質を含まない、
F☆☆☆☆のプライマーを採用するようにしましょう。

このように、コーキング工事にプライマーは
大変重要な役割を果たす存在となります。
また、プライマーを塗布する事で強く
寿命の長いコーキングとする事が可能となります。
コーキング前に塗布するだけで高い効果を
発揮してくれますので、使わない考えはありません。

コーキングの種類と特徴

コーキングの種類も、数多くあります。
コーキングの種類と特徴を、ご紹介します。

・シリコン系シーリング

耐水性に富んでおり、室内で採用される事が多いコーキングです。
硬化後に弾力性を発揮し、伸縮が少ない特徴があります。
透明のコーキングがあり、外壁では設備の穴を
開けた部分に充填する等採用される事が多くあります。
つるつるとツヤのある仕上がりとなる為、
塗料とは相性が良くありません。
その為、シリコン系シーリングの上に塗料を
乗せる事は出来ません。
浴室や台所などの内部の目地や、外部設備ダクト廻りなど、
塗装が必要な部分に採用されます。
室内の水回りで使うシリコン系シーリングには、
防カビ剤配合のコーキングもございます。
透明やグレー、ブラウン系等のカラーバリエーションがあります。

・変性シリコン系シーリング

シリコン系シーリングと比べると耐水性に劣りますが、
追従性が高いので一般外壁に採用される事が多いコーキングです。
シリコン系シーリングよりも、価格は高めです。
塗装を弾いてしまいますので、外壁塗装を行う際は
注意しなければいけません。
外壁の他には、モルタルやコンクリートの目地や
クラック、タイル目地、屋根や金属の目地等に適しております。
カラーバリエーションに富んでおり、お好きなカラーを
事前に注文して伝える事でカラーマスターを作成し
好みの色に作る事も可能です。

・ポリウレタン系シーリング

耐久性が高くゴム弾力性があるコーキングであり、
外部のクラックや目地の補修に適したコーキングです。
紫外線に弱いのが最大の難点であり、コーキングそのままの状態で
紫外線にさらすのは大変危険です。
その為、ウレタン系シーリングの場合は、
必ず上に塗装を乗せるのが鉄則となります。
ガラス周りは塗料を乗せる事が出来ませんので適しません。
アルコールに触れる事で硬化不良が起きてしまうので、
アルコール類を発散してしまう材料と接触させる事は禁物です。

・ポリサルファイド系シーリング

ポリサルファイドを主成分としたコーキングであり、
目地の動きに追従が可能な弾性コーキングです。
ブリードが強いので、塗装を乗せる事は出来ません。
塗装をせず弾性を必要とする部位に採用されるコーキングであり、
ガラスとサッシ、大理石、PCコンクリート、笠木のジョイント、
屋上防水の目地等に採用します。
コーキングの種類の中では、長期の耐久寿命を発揮します。

・アクリル系シーリング

湿った場所でも使用が可能であり、硬化すると
弾性と体となる大変特殊なコーキング材です。
ALC外壁の目地等に採用される事が多くありますが、
耐久性が無いのが難点です。
その為、あまり採用されなくなってきたコーキング材です。

・ジョイントコーク

室内で使うコーキングであり、細いノズルのチューブ型で、
そのままノズルをカットする事で使う事が出来るコーキングです。
やわらかく伸びる素材であり、内壁のジョイント部分などに使います。
素人さんでも充填しやすい素材ですので、
マスキングテープが無くても簡単に充填が出来ます。
以前はホワイト位しかありませんでしたが、
現在はアイボリーやオーク、木材色、抹茶色等の様々な色合いがあります。

このように、施工の内容により使い分けて
コーキングを採用する事が大事となります。

コーキングというのは種類が多く扱いが難しい為、
コーキング工事終了後トラブルが起きてしまう事があります。
コーキングのトラブルが早めに起きてしまった理由は、
コーキング材の選択ミスも大きな原因となります。
コーキング補修の際に適したコーキング材料を採用し、
トラブルの起きないコーキングとするようにしましょう。
特に、DIYでコーキング工事を行う場合は、
コーキング材料の分別が付かず間違ってしまい、
コーキング完了後にトラブルが起きてしまう事があります。
コーキング材料の見極め方に自信が無い場合は、
業者にお願いをしてコーキング工事を行うようにしましょう。

不定形のコーキングの形状

不定形のコーキングの形状は、
次の2つの種類があります。

・一成分形

細いカートリッジに入っているコーキング材であり、
最初から全ての成分が含まれております。
湿気硬化型と言われ、空気中の湿気や酸素、
乾燥により自然に硬化していくコーキングです。
ホームセンターでも取り扱っており、
そのままコーキングガンにセットする事で充填が可能です。
扱いが簡単ですので、DIYで採用される事が多いコーキングです。

・二成分形

成分ごとに材料がわかれており、
使用前に撹拌して材料を混ぜて使うコーキングです。
反応硬化型であり、硬化剤を混ぜ撹拌する事で
反応硬化させていくコーキングです。
専用の撹拌機を使う為に撹拌方法等扱いが難しく、
業者が取り使う事が多いコーキングです。

コーキングの寿命としては二成分形のコーキングの方が長く、
大掛かりな外壁等のコーキング等に適しております。
一成分形のコーキングは湿気硬化型ですので、
周りの外的刺激に左右されやすいために、
どうしても長く持たせる事が難しいコーキングとなってしまいます。

コーキングの種類の解説

コーキング材はどれも同じと思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、
コーキングには大変多くの分類や種類があります。
それぞれの特徴を把握すると、
コーキング補修について前向きになる事が出来ます。
コーキングの材料について詳しく把握し、
間違いのないコーキング補修へと導いてみませんか。

まずは、コーキングの形状についてご紹介をします。
コーキングの形状は、このように2つの種類があります。

・定形のコーキング 

最初から形状が定まっているコーキングであり、
ガスケットと呼ばれるものが定形のコーキングです。
コーキングといえばペースト状のものを充填する形を
イメージされるかもしれませんが、ガスケットも
名称はコーキングです。
ガラスの留め付けの際等に使用する黒いゴム系の部材は、
ガスケットという定形のコーキングです。

・不定形のコーキング

最初から形状が定まっていないものであり、
目地に詰める段階ではペースト状であり硬化する事で
ゴム状に変化するコーキングの事を指します。
ペースト状でよく見かける一般的なコーキングは、
不定形のコーキングという分類に分けられるものです。

一般的にコーキングと言われるペースト状のものは、
後者の不定形のコーキングを指します。
定形のコーキングは元から固まっているものですので、
劣化しにくい性質があります。

メンテナンスを行うのは、不定形のコーキングとなります。
不定形のコーキングにメンテナンスが必要となる理由は、
不定形のコーキングはペースト状を硬化させて使うからです。
硬化が進むにつれて素材が変わってしまい、劣化が始まってしまいます。

外壁コーキングの補修の目安

外壁コーキングの補修の目安は、
このようなタイミングとなります。

・コーキングのひび割れ

細かいヘアークラックのようなヒビは
すぐには問題ありませんが、
2~3年後にはコーキング打ち直しとなります。

・コーキングの破断

コーキングの中心からちぎれたように
破断している状態は、コーキングの奥まで
破断している場合が大半です。
この場合、簡単に雨水を浸透させてしまいますので、
雨漏りを引き起こしてしまい危険です。
直ちに、コーキングの打ち直しが必要となります。

・コーキングの肉痩せ

コーキングが肉痩せしてしまう事で溝の
側面から剥がれてしまい、隙間を作ってしまう状態です。
肉痩せも重度の場合は雨水を浸透させてしまいますので、
雨漏りが発生してしまう場合があります。
肉痩せが見受けられたら、直ちにコーキングの
打ち直しを行うようにしましょう。

コーキングの重篤な不具合を放置しておくと、
雨漏りに始まり建物の中を徐々におかしてしまいます。
最終的には構造材を侵してしまい、建物としての
強さを失ってしまい崩れ落ちてしまう事へとつなげてしまいます。
コーキングを補修するだけで免れる事が出来ますので、
コーキングの補修はすぐに行って建物に
余計な影響を与えないように心がけましょう。

外壁のコーキングは、建物の中に水の浸入を防ぎ
建物の動きも吸収させる事が出来る、
とても重要な部位となります。
その為、コーキングはきちんと働くように
定期的なメンテナンスが必要となります。
適度な外壁コーキングメンテナンスとし、
快適な建物をキープしましょう。


外壁塗装工事と同じタイミングで施工すべき理由

コーキング補修は、外壁塗装と同じタイミングで
行う事がとても理想となります。
外壁塗装工事と同じタイミングで施工すべき理由は、
これらがあります。

・足場等の仮設費の節約となる

外壁塗装工事と一緒に行う事で、
足場などの仮設費の節約とする事が出来ます。
外部足場だけでも、15~20万円ほどかかってしまいます。
これがコーキング補修で単独で行って外壁塗装で単独で行うと、
2倍の足場等の仮設費用がかかってしまいますので、
大きな損となってしまいます。

・コーキングは塗装を掛けた方が長持ちする

コーキングは紫外線等の外的刺激に非常に弱い材料ですので、
紫外線をいかに浴びせなくさせるかが大きなポイントとなります。
コーキングの打ち直しの際は塗装が出来るコーキングを採用し、
外壁塗装工事と一緒に施工を行いコーキングの上に塗膜を作るようにしましょう。
コーキングの塗膜を乗せないと5年位でどんどん劣化してしまいますが、
塗膜を乗せる事で外壁塗装と同じような頻度でのメンテナンスが可能となります。

・見た目を綺麗に仕上げる事が出来る

外壁コーキングを単独で打ち直すと、
コーキングを打ち直しした部分だけが著しく目立ってしまいます。
その為、外観の見た目がカッコ悪くなってしまいます。

これらの事を踏まえても、外壁のコーキングは
外壁塗装と一緒に行う事が理想となります。

コーキングのメンテナンスが何故定期的に必要なのか

コーキングのメンテナンスが何故定期的に必要なのか、
その理由はコーキングが紫外線等の外的刺激に弱いからです。
外的刺激に弱く劣化が激しいのであれば、
コーキングのメンテナンスは手間がかかるから、
もっと紫外線に強い材料を充填すべきと思われるかもしれません。
しかし、コーキングには外壁に使うべき確かな理由があります。
コーキングが外壁のジョイント部分に適している理由は、
この2つの理由があるからです。

・防水力の高さ

コーキングは、防水力が非常に高い部分が
外壁のジョイント部分に採用される理由です。
ゴム状でしっかり密着するので、
高い防水力を発揮してくれます。

・建物にかかる動きを吸収させる追従性の高さ

建物にかかる動きを吸収させる為には、
外壁の中に弱い部分を作る事が必要となります。
いわゆる、誘発目地です。
コーキングは硬化してもゴムのように柔らかく柔軟であり、
外壁に負荷がかかる事で発生してしまう動きを
柔らかいコーキング部分に逃がす事が可能となります。
建物に発生する動きに追従させて建物に余計な圧を
与えないようにする為には、コーキングというのは
非常に重要な役目を発揮してくれます。

この2つの理由により、外壁のジョイント部分には
欠かせない存在となっております。

コーキングは紫外線等の外的刺激により劣化してしまい、
どんどん硬化し劣化してしまいます。
その為、定期的な打ち直しによりコーキングを
柔らかい状態でキープさせる事で、外壁や建物に
余計な負担を掛けない状態へと導く事が出来ます。
変化が激しく扱いにくい材料ではありますが、
コーキングは外壁に欠かせないアイテムとなります。

外壁コーキング施工をする際の相場費用

外壁のコーキングの劣化が気になるけれど、
補修費用はどれ位かかるのか気になってしまい
補修に手を掛ける事が出来ない方も多くいらっしゃると思います。
コーキング工事の事は意外とわかりにくく、
劣化がわかっていてもついつい後回しとしてしまう方も
多くいらっしゃる傾向があります。

コーキング補修にかかる費用やポイントなどを
把握できれば、コーキングの補修に尻込みせず行う事が出来ます。

コーキングにかかる費用やコーキング施工の際に
知ってほしい重要ポイントなど、わかりやすくご紹介致します。

外壁コーキングの補修費用は、このような金額がかかります。

・業者に依頼してコーキング工事を行う場合
25~40万円ほど

既存コーキングの撤去費用と足場費用、
コーキング施工でこれくらいの金額がかかります。
足場から全てきちんと行いますので、
費用は高上りとなってしまいます。

・DIYでご自分で行う場合
5~10万円ほど

DIYでコーキングを行う場合は、ホームセンター等で
コーキングに使う材料を調達します。
また、万度な足場はかける事が出来ないので、
はしごで簡易的に済ませてしまう場合が大半です。
その為、この程度の費用しかかかりません。
単純に費用がお安いというだけではなく、
使う材料や施工方法が業者に依頼するのとは
全く違うのでDIYはお安いコーキング工事となる
という事となります。

このように、業者に依頼する場合とDIYで行う場合とでは、
相場費用に物凄く大きな差が生まれます。
しかし、金額の差以上に得る事が出来るメリットが、
コーキング工事にはあります。
様々な観点から考えると、コーキング工事は
業者に依頼する場合の方がメリットが高いと言えます。

意外と難しい外部のコーキング

一見簡単そうに見えるコーキング作業ですが、
コーキングの打ち方や扱い方を間違えるだけで、
トラブルに見舞われてしまいます。

【高所作業により危険】

外壁のコーキングの場合、2階や屋根近くまで
コーキング工事を行わないといけないので、
高所作業となってしまいます。
素人さんは、ただでさえ高所作業に慣れていないのに、
コーキングという作業をしながら高所に居るのは
危険が多く降りかかります。
コーキングの手元ばかりが気になってしまい、
足を踏み外し墜落してしまう事故は後が絶えません。
DIYの場合はしごでコーキング工事を行う事が多く、
危険が多く潜んでいる工事となります。
大けがをしてしまう事もありますので、
DIYでお安く施工を行う以上の大きなリスクを背負ってしまいます。

【適したコーキング材料を選ぶ事が出来ない】

コーキングの材料は、どれも同じではありません。
コーキングには色んな種類があり、外壁素材に適した
コーキング材料を選ばないときちんとしたコーキングとする事が出来ません。
適したコーキングを使わない事で、すぐに劣化してしまう
不出来なコーキングを作ってしまう事があります。
また、プライマーも様々な種類があり、
それを素人さんが見極める事は簡単な事ではありません。

【既存のコーキングを綺麗に撤去出来ない】

コーキングの打ち直しは、既存のコーキング撤去を
いかに綺麗に出来るかにより、新規コーキングの精度に
大きな差を付けてしまいます。
DIYで素人さんが行う場合は、どうしても綺麗に既存コーキングを
取り切る事が出来ず、万度な新規コーキングとならない場合があります。
コーキングには打ち増しという工法もあるので、
多少既存コーキングが残っても良いと勘違いをしてしまう方も
いらっしゃるようですが、打ち増しなんていうコーキング方法は
正しいコーキングの施工方法ではありません。
既存のコーキングと新規のコーキングは馴染みにくいので、
必ず綺麗に取り除かなくては万度なコーキングとはなりません。

【天候や温度を見極めてコーキング工事が出来ない】

コーキング施工時には、天候や湿度の度合いが大事となります。
その為、天候や湿度をきちんと見極めてコーキングを行わなければいけません。
素人さんはただコーキング施工をすれば良いと思っている方が多く、
天候や湿度にまで目を向ける事が出来ません。
その為、天候や湿度の影響でコーキングの精度を悪くさせてしまう事があります。

このように、意外と簡単に思えるDIYでの外部のコーキング工事ですが、
実際は大きなデメリットばかりが発生してしまいます。
外部のコーキングをDIYで行う事はとても危険であり、
絶対を付けていい程オススメ出来ません。
外部のコーキング施工は、専門的な知識が必要となります。
想像以上に難しい作業ですので、甘く見て行わないようにする事をオススメします。
外部のコーキングは業者に依頼して、
万全なコーキングと導くようにしましょう。
コーキングは防水力を高める工事ですので、
形だけ作ろうとするDIYでは力不足になってしまう事間違いありません。