室内にも気にしてほしいコーキングNo2

前回は、水回りでコーキングが必要な所を紹介しました。


今回はそれ以外の所です。



・各部屋の壁の入隅や天井と壁の取り合い

各部屋の入隅部分の口が開いてしまうと、
隙間風が入ってくるので良くありません。


コーキングを行う事で、シャットアウトする事が出来ます。


隙間が狭いので、地震等で大きな力がかかってしまうと、
切れてしまう恐れがあります。




・建具枠と壁との取り合い

建具枠と壁との取り合いも隙間が出来やすいので、
コーキングで埋めて隙間を無くしましょう。




内部のコーキングの劣化を早めない為には、湿気を発生させない事です。


特に洗面所や浴室は湿気が多くなりがちなので、
コーコングが劣化しやすくなってしまいます。


こまめに換気をするようにし、
コーキングの劣化を避けるようにすると良いでしょう。


また、紫外線もコーキングの劣化をさせてしまいます。


各室に紫外線を与えないようにするのも、1つの方法です。


フィルムなどを窓ガラスに張って紫外線を
シャットアウトさせるなど、
コーキングが劣化しないようにすると、
建物の寿命を長くさせる事が出来ます。



コーキングのメンテナンスは、
素人さんでも簡単に出来る様に思えるのか、
DIYでされる方も多いようです。


コーキングで大事なのは、2面接着で均等な厚みの
コーキングを作る事です。


意外と簡単に聞こえますが、物凄く技術の要る事ですので
決して簡単ではありません。


DIYで行って均一なコーキングの厚みが作れず。
たった数年で切れてしまう事はよくあります。


その為、素人さんがメンテナンスを行っている
室内コーキング部分は劣化が激しく、
知らず知らずのうちに建物に大きな
負担を与えている場合があります。


コーキングの幅は広くても施工が難しいですが、
室内のような細い幅の施工もとても難しいです。


室内のコーキングは、プロの防水屋さんに
行ってもらう事をオススメします。
私が防水工事をしてくれる業者を探すときには、
まずはインターネットで色々情報を探します。

実際の防水工事の見積もりが掲載されたサイトがありますので
参考になるかと思います。
>>防水工事

コーキングのメンテナンスが何故定期的に必要なのか

コーキングのメンテナンスが何故定期的に必要なのか、
その理由はコーキングが紫外線等の外的刺激に弱いからです。
外的刺激に弱く劣化が激しいのであれば、
コーキングのメンテナンスは手間がかかるから、
もっと紫外線に強い材料を充填すべきと思われるかもしれません。
しかし、コーキングには外壁に使うべき確かな理由があります。
コーキングが外壁のジョイント部分に適している理由は、
この2つの理由があるからです。

・防水力の高さ

コーキングは、防水力が非常に高い部分が
外壁のジョイント部分に採用される理由です。
ゴム状でしっかり密着するので、
高い防水力を発揮してくれます。

・建物にかかる動きを吸収させる追従性の高さ

建物にかかる動きを吸収させる為には、
外壁の中に弱い部分を作る事が必要となります。
いわゆる、誘発目地です。
コーキングは硬化してもゴムのように柔らかく柔軟であり、
外壁に負荷がかかる事で発生してしまう動きを
柔らかいコーキング部分に逃がす事が可能となります。
建物に発生する動きに追従させて建物に余計な圧を
与えないようにする為には、コーキングというのは
非常に重要な役目を発揮してくれます。

この2つの理由により、外壁のジョイント部分には
欠かせない存在となっております。

コーキングは紫外線等の外的刺激により劣化してしまい、
どんどん硬化し劣化してしまいます。
その為、定期的な打ち直しによりコーキングを
柔らかい状態でキープさせる事で、外壁や建物に
余計な負担を掛けない状態へと導く事が出来ます。
変化が激しく扱いにくい材料ではありますが、
コーキングは外壁に欠かせないアイテムとなります。

外壁コーキング施工をする際の相場費用

外壁のコーキングの劣化が気になるけれど、
補修費用はどれ位かかるのか気になってしまい
補修に手を掛ける事が出来ない方も多くいらっしゃると思います。
コーキング工事の事は意外とわかりにくく、
劣化がわかっていてもついつい後回しとしてしまう方も
多くいらっしゃる傾向があります。

コーキング補修にかかる費用やポイントなどを
把握できれば、コーキングの補修に尻込みせず行う事が出来ます。

コーキングにかかる費用やコーキング施工の際に
知ってほしい重要ポイントなど、わかりやすくご紹介致します。

外壁コーキングの補修費用は、このような金額がかかります。

・業者に依頼してコーキング工事を行う場合
25~40万円ほど

既存コーキングの撤去費用と足場費用、
コーキング施工でこれくらいの金額がかかります。
足場から全てきちんと行いますので、
費用は高上りとなってしまいます。

・DIYでご自分で行う場合
5~10万円ほど

DIYでコーキングを行う場合は、ホームセンター等で
コーキングに使う材料を調達します。
また、万度な足場はかける事が出来ないので、
はしごで簡易的に済ませてしまう場合が大半です。
その為、この程度の費用しかかかりません。
単純に費用がお安いというだけではなく、
使う材料や施工方法が業者に依頼するのとは
全く違うのでDIYはお安いコーキング工事となる
という事となります。

このように、業者に依頼する場合とDIYで行う場合とでは、
相場費用に物凄く大きな差が生まれます。
しかし、金額の差以上に得る事が出来るメリットが、
コーキング工事にはあります。
様々な観点から考えると、コーキング工事は
業者に依頼する場合の方がメリットが高いと言えます。

意外と難しい外部のコーキング

一見簡単そうに見えるコーキング作業ですが、
コーキングの打ち方や扱い方を間違えるだけで、
トラブルに見舞われてしまいます。

【高所作業により危険】

外壁のコーキングの場合、2階や屋根近くまで
コーキング工事を行わないといけないので、
高所作業となってしまいます。
素人さんは、ただでさえ高所作業に慣れていないのに、
コーキングという作業をしながら高所に居るのは
危険が多く降りかかります。
コーキングの手元ばかりが気になってしまい、
足を踏み外し墜落してしまう事故は後が絶えません。
DIYの場合はしごでコーキング工事を行う事が多く、
危険が多く潜んでいる工事となります。
大けがをしてしまう事もありますので、
DIYでお安く施工を行う以上の大きなリスクを背負ってしまいます。

【適したコーキング材料を選ぶ事が出来ない】

コーキングの材料は、どれも同じではありません。
コーキングには色んな種類があり、外壁素材に適した
コーキング材料を選ばないときちんとしたコーキングとする事が出来ません。
適したコーキングを使わない事で、すぐに劣化してしまう
不出来なコーキングを作ってしまう事があります。
また、プライマーも様々な種類があり、
それを素人さんが見極める事は簡単な事ではありません。

【既存のコーキングを綺麗に撤去出来ない】

コーキングの打ち直しは、既存のコーキング撤去を
いかに綺麗に出来るかにより、新規コーキングの精度に
大きな差を付けてしまいます。
DIYで素人さんが行う場合は、どうしても綺麗に既存コーキングを
取り切る事が出来ず、万度な新規コーキングとならない場合があります。
コーキングには打ち増しという工法もあるので、
多少既存コーキングが残っても良いと勘違いをしてしまう方も
いらっしゃるようですが、打ち増しなんていうコーキング方法は
正しいコーキングの施工方法ではありません。
既存のコーキングと新規のコーキングは馴染みにくいので、
必ず綺麗に取り除かなくては万度なコーキングとはなりません。

【天候や温度を見極めてコーキング工事が出来ない】

コーキング施工時には、天候や湿度の度合いが大事となります。
その為、天候や湿度をきちんと見極めてコーキングを行わなければいけません。
素人さんはただコーキング施工をすれば良いと思っている方が多く、
天候や湿度にまで目を向ける事が出来ません。
その為、天候や湿度の影響でコーキングの精度を悪くさせてしまう事があります。

このように、意外と簡単に思えるDIYでの外部のコーキング工事ですが、
実際は大きなデメリットばかりが発生してしまいます。
外部のコーキングをDIYで行う事はとても危険であり、
絶対を付けていい程オススメ出来ません。
外部のコーキング施工は、専門的な知識が必要となります。
想像以上に難しい作業ですので、甘く見て行わないようにする事をオススメします。
外部のコーキングは業者に依頼して、
万全なコーキングと導くようにしましょう。
コーキングは防水力を高める工事ですので、
形だけ作ろうとするDIYでは力不足になってしまう事間違いありません。

おすすめ出来ない外部のDIYコーキング

コーキングの施工というのは、何故か簡単に
見えてしまう傾向があります。
コーキング工事の施工が簡単に見えてしまう事により、
DIYでコーキング工事を行おうと思われる方は少なくないようです。
ご自分でコーキング施工が出来るのであれば、
わざわざ大きな費用を掛けて業者に依頼する事は
避けたいと思われるようです。

コーキングのDIYは、内部のコーキングなら可能とも言えますが、
外部コーキングをDIYで行う事は決してオススメ出来る事ではありません。
どのようなポイントが外部のDIYでのコーキングに
不向きといえるの、その詳細をご紹介します。

【コーキング溝にきちんと充填するのは想像以上に難しい】

外部のコーキングは溝が大きいので、
意外ときちんとコーキング充填する事は
難しくなってしまう場合があります。
この様な状態が発生し、不出来なコーキングと
なってしまう事が多くあります。

・コーキングの充填不足
充填不足で空気が入ってしまったり、
コーキング溝の奥までコーキングを充填出来ない等、
不出来なコーキングとなってしまう事があるからです。
コーキング溝へのコーキングの充填は意外と難しく、
素人さんには万度に行う事が出来ない場合があります。

・ヘラ押さえが上手くいかない
コーキング充填後の工程「ヘラ押さえ」は、
簡単そうに見えて実は難しい工程となります。
平らに綺麗に見せるためにヘラでなでて押さえるのですが、
意外とすんなりヘラが進まずガタガタに仕上がってしまう事があります。
上手くいかない事で何度もヘラ押さえをしてしまい、
どんどん見た目を悪くさせてしまう事があります。

・マスキングテープ剥がしのタイミングを間違える
マスキングテープは、コーキング充填後
速やかに剥がさなくてはいけません。
マスキングテープを剥がすタイミングを間違ってしまい、
マスキングテープを剥がす際にコーキングも一緒に
取れてしまったというアクシデントは、少なくありません。

・コーキングを他の部位に付着させてしまう
コーキングを扱っている最中に、他の部位にも
コーキングを付着させてしまい、汚くしてしまうというトラブルです。
他の部分に付着したコーキングをすぐに取り除けば問題ないのですが、
時間が経過してしまうと硬化してしまい綺麗に取れなくなってしまいます。
シンナーを使って取り除こうとし外壁の色を
取り除いてしまう等、最悪なパターンもあります。

一見簡単そうに見えるコーキング作業ですが、
コーキングの打ち方や扱い方を間違えるだけで、
これだけのトラブルに見舞われてしまいます。
コーキングの充填は想像状に難しく、
ヘラ押さえ等の仕上げも見た目以上に難しい施工となります。
不出来なコーキングでは防水効果を発揮しにくくなってしまいますので、
せっかく打ち直しても防水力に乏しいコーキングとなってしまいます。

室内のDIYのコーキング作業に使うアイテム紹介

室内のDIYのコーキング作業には、これらのアイテムを使います。

・コーキング材 
価格相場:500~1000円ほど

ホームセンターで扱っており、
1本で3m程の目地に充填が可能です。

・コーキングガン
価格相場:200~10,000円ほど

コーキング材を装着し、コーキングを押し出して
充填させる為の道具です。
1度購入すると、使いまわしが可能です。


・マスキングテープ
価格相場:100~500円ほど

コーキング充填の際にコーキングがはみ出ないように
マスキングテープを張り、コーキング完了後の
見た目の精度を上げるための紙テープです。
ホームセンターで取り使っており、1巻18mの物が主流です。


・ヘラ
価格相場:500円程度

コーキング充填後、ヘラ押さえにて均す為の道具です。
試しにDIYで行って上手くいかないなと思ったら、
業者に依頼して万度なコーキング施工を行ってもらいましょう。
コーキングを行うという事は防水力が問われるという事ですので、
安易なコーキングは建物の劣化を招いてしまう事もありますので、
注意が必要です。

室内のコーキングをDIYで行う為のポイントNO2

・コーキング溝がカビている場合の対処法
既存コーキングを撤去した後、コーキングの溝がカビている場合があります。
カビはコーキングの状態に大きく影響を与えてしまうので、
綺麗に取り除かなくてはいけません。
市販のカビ取り剤を使い、綺麗に取り除きましょう。

・コーキング溝が完全に乾燥した後に新規コーキングを
既存コーキングを綺麗に取り除いた後、
コーキング溝に水気が付着している事があります。
コーキングには水気は禁物ですので、
綺麗に拭き取りしっかりと乾燥させましょう。
少しでも水気があると新規コーキングが密着しませんので、
完全に乾燥させる事がポイントとなります。

・マスキングテープを活用しよう
素人さんはマスキングテープを張らずにどうにか
コーキング施工を行おうとする方もいらっしゃるようですが、
それでは見た目の綺麗さを出す事は出来ません。
簡単で綺麗にコーキング充填したい場合は、
マスキングテープを張って充填する事が1番おすすめとなります。
マスキングテープは100円程度で売られており、
張り方も簡単ですので必ず行うようにする事が
コーキング成功の大きなポイントとなります。

・コーキング溝が太い若しくは深い場合はバックアップ材の使用を
コーキングの溝が5㎜以上等の幅が広い場合、
若しくは溝が深い場合は、コーキングの充填が難しくなってしまいます。
そんな場合は、バックアップ材を使用すると
コーキングの充填が簡単となります。
ホームセンターにて取り扱っており、
安価ですので是非採用してみましょう。

・コーキングの充填の目安
コーキング充填は意外と難しく、ほとんどの場合余計な空気を
コーキング内に入れこんでしまう事で、
きちんとしたコーキングとならない場合があります。
コーキング充填の際は、コーキング溝の底に押し付けながら
充填する事が、空気を入れないポイントとなります。
また、コーキング溝からはみ出る寸前の程度まで充填する事で、
溝の中に万度なコーキング量を充填させる事が出来ます。

・しっかりとヘラ均しを行う
コーキング充填後ヘラ押さえをするのですが、
この際マスキングテープの端がしっかり見えるまで
ヘラ押さえする事が大事となります。
マスキングテープの上にコーキングが残っていると、
マスキングテープを剥がす際にコーキングが
ガタガタとなってしまい、仕上がりが悪くなってしまいます。

・マスキングテープはコーキングが乾かないうちに速やかに取り除く
マスキングテープは、ヘラ均しを行った後にすぐに剥がす事が鉄則です。
時間が経ちコーキングが硬化してしまったら、
マスキングテープを剥がした際にコーキングに余計な
圧がかかってしまい、コーキングの見た目が悪くなってしまいます。

・コーキング完了後は完全に乾くまで触れない
コーキングの表面は、2~3時間で硬化します。
しかし、完全に中まで乾燥するのは、半日~1日ほどかかってしまいます。
その為、半日~1日はコーキングに触れない事が大事となります。
水回りの場合、水が触れてしまう事も厳禁です。
どうしてもコーキングを施工した場所を使わなくてはいけない場合は、
ビニールなどで触れないように養生をするようにしましょう。

・コーキング材がガンの中に残ってしまった場合
コーキング材がガンの中に残ってしまい保管したい場合は、
キャップと本体の取り合い部分にチューイングガムの包み紙を挟めてネジ込みます。
これで余計な硬化を発せず済みますので、
数か月後に使っても柔らかいコーキングを使う事が出来ます。

このように、DIYでの室内コーキングは、このようなポイントを
踏まえていると楽にコーキング補修が可能となります。
外部はさすがにDIYでは難しいですが、
内部のちょっとした部分であれば可能です。
しかし、DIYでのコーキング充填は決して簡単な事ではありません。

室内のコーキングをDIYで行う為のポイントNO1

家の中など、ちょっとしたコーキングの切れは、
ご自分でメンテナンスを行ってみたいと思われる方も多くいらっしゃいます。
そこで、DIYでコーキングを行うポイントをご紹介します。

・採用すべきコーキングの種類
室内のコーキングに採用すべきコーキングの種類は、
シリコン系コーキングです。
シリコン系コーキングは耐久性に富んでおり、
耐水性や耐熱性にも非常に富んでおります。
その為、台所や浴室などの室内コーキングにとても優れております。

・水が頻繁にかかる部分は防カビ性コーキングを
浴室等常に水がかかる環境のコーキングは、
防カビ性のコーキングが適しております。
湿気が溜まりやすい部位には、防カビ性コーキングを選びましょう。

・DIYのコーキングは一液性がオススメ
DIYでコーキングを行う際は、一液性のコーキングがオススメです。
一液性は先端を切るだけでコーキングが打てるので、
慣れていない方でも簡単に使う事が出来ます。

・コーキングの先端のカット方法
コーキングを使う際に先端をカットして使いますが、
カットする際に少し斜めに切るとコーキングを
打つ際に簡単に充填しやすくなります。
まっすぐカットしてしまうと充填しにくくなってしまいますので、
コーキング工事が上手くいきにくくなってしまいます。
理想の角度は、45度程度です。

・コーキングの先端のカットと打つ場所とが適しているかを確認
室内のコーキングは細く打つ事もありますので、
コーキングの先端のカットの太さはとても重要となります。
徐々に大きくカットするようにし、
充填したい場所の太さと合わせるようにすると、
コーキング充填がしやすくなります。

・コーキングの精度を左右させる「ヘラ」
コーキングを充填した後はヘラで抑えて仕上げますが、
ヘラの採用次第で仕上げに大きく左右します。
1番わかりやすいのが、コーキングを充填する
隙間の太さに合わせてヘラを選ぶ事です。
コーキングを充填する隙間が細い場合は細いヘラ、
太い場合は太いヘラを採用すると、仕上がりが綺麗になります。

・既存コーキングを綺麗に取り除く事が大事
コーキングの打ち直しは、既存コーキングをいかに
綺麗に取り除く事が出来るかにより、
新規コーキングの精度と寿命を高める事が出来ます。
古い既存のコーキングは、カッターやペンチを
使って綺麗に取り除くようにしましょう。
コーキングはゴム状ですので、一気に引き上げると
綺麗に取り除く事が出来ます。
スッキリ綺麗に取り除くと、DIYでも
綺麗なコーキング打ち直しとする事が出来ます。

コーキング材の種類と用途NO2

前回は、アクリル系コーキング、ウレタン系コーキング、
ポリウレタン系について書きました。


コーキング財の種類と用途の続きです。



・シリコン系シーリング
マイナス40℃から150℃までの耐熱性があり、
耐候性にも非常に優れたコーキングです。


その為、外部のコーキングにとても適しております。
特に、変性シリコンは柔軟性が非常に高いので、
ムーブメントの大きい金属類に使う事も出来ます。


窒素系サイディング、木材、アルミ、金属、ALC、
石、タイル、モルタル、コンクリート、ガラス、
陶磁器、プラスチック等の幅広い材料に適したコーキングです。




・油性系コーキング
コーキングの表面のみ硬化するコーキングであり、内部は全く硬化しません。


防水層のジョイント、金属、アルミ、石、コンクリート




・ポリサルファイド系コーキング
シリコンコーキングのように耐熱性や耐候性が非常に
高いコーキングですので、外部での使用に適しております。


ゴミやホコリなどの汚れが付き難い性質があり、
綺麗なコーキング表面を維持させる事が出来ます。


柔軟性に乏しいので、金属類等のムーブメントの大きいものには適しません。
ガラス等に、とても適しております。




このように、コーキングと一口に言っても沢山の種類があり、
部材や部位により適した材料があります。


適したコーキング材を打たなければ、
コーキングとしての効力を発揮してくれません。


その為、コーキングの選定は大きなカギとなります。


プロは慣れているので、このような選定を間違える事はありません。


しかし、DIYで行う場合は、これらの知識を確実に
網羅していなければ、適した材料の選定は出来ません。


DIYで行う場合は、必ず適したコーキング材料を
選定して施工するようにしましょう。


自信がない場合は、プロにお任せしてコーキングをしてもらいましょう。


コーキングの難しい納まりなどを考えると、
素人が安易に行う事はオススメ出来ません。


正しいコーキング材料の選定で、コーキングの力を最大限にしましょう。


コーキング材の種類と用途NO1

コーキング材の形態は、2つの種類がございます。


最初から1つにまとまっている1成分系のコーキングと、
施工前に合わせて撹拌して使う2成分系のコーキングがあります。


1成分系はホームセンター等でも売っている、
カートリッジ式の物です。


2成分系はホームセンターには売っておらず、
専門のルートから手に入れないと行けない専門的なコーキングとなります。


耐久性は、1成分系よりも2成分系の方が高いです。


その為、建築で外部で使われるコーキングは、
2成分系を採用する事が多いです。


コーキング材は、打つ部位や素材の種類に適した
コーキング材を打たなくてはコーキングとしての機能を発揮しません。


コーキングの材料の種類別に、適した部位をまとめてみました。




・アクリル系コーキング
湿った下地にも使う事が出来る、コーキングの中でも特殊な材料です。


しかし、耐久性が低いのが難点です。
ALC、金属、モルタル等に適しております。




・ウレタン系コーキング
硬化後に、ゴムの様な弾力性の高い性質になるコーキングです。


耐久性は、コーキングの中で1番です。
しかし、紫外線に弱いのが大きな難点です。
その為に、必ずその上に塗装を行います。


コンクリート、ALC、石、スレート、木材、金属等に適しています。




・ポリウレタン系
汚れにくいコーキングであり、外部にとても適しております。


耐熱性や耐候性が劣るので、外部での使用にて適していません。
内部シーリングに適した、材料です。


次回は、シリコン系シーリング、油性系コーキング、
ポリサルファイド系コーキングについて書きます。

コーキングの必要性NO2

前回のコーキングの必要性についての続きです!



モルタル壁等、明らかに平らで出来る外壁です。
3m程間隔に誘発目地を設けて、コーキング充填を行います。


見た目はモルタル壁がブロックの様に分かれてしまいうので、
カッコ悪いと思う方もいると思います。


しかし、誘発目地は建物の寿命を高める為には必要な施工と言えます。


昔のモルタル壁には、誘発目地がありませんでした。


力を逃がす部分が全く無かったので、
サッシの四隅等にクラックが入っている事が当たり前でした。


モルタル外壁も、誘発目地を設けてコーキングを充填する事で、
ヒビが入らないモルタル壁にする事が出来ます。


また、もう1箇所、ゴム系の材料ゆえに、
役立ってくれる場所があります。


それは、内壁の壁紙を張った後の入隅にコーキングを充填する事です。


内壁の四隅は地震等の様々な動きにより、
すぐに開いてしまいます。


その度に、壁紙が開いて見えてしまうので、
カッコ悪く隙間風も生じてしまいます。


入隅が開くと言っても数ミリの話ですので、
ここに設けるのがコーキングです。


よく壁紙屋さんが仕上げに充填するのですが、
このコーキングのおかげで少しの動きがあっても
隙間を作らず快適な内壁で居続ける事が出来ます。


ボンドコークという材料ですが、内壁の壁紙を張っている部分には
必要不可欠な材料ですので、
隙間が空いたら壁紙屋さんに充填してもらうと良いでしょう。


入隅に隙間が空くのは壁紙屋さんの施工不良ではなく、
建物自体の動きですので、勘違いしないようにしましょう。


このように、コーキングは物理的に役に立つ部分が非常に多い、
無くてはならない材料です。


建物への必要性は多いにありますので、
効果的に活用して建物の耐久性を高めるようにしましょう。


コーキングの使い方次第で、
建物を50年も100年も使う事が可能になります。