室内のコーキングをDIYで行う為のポイントNO2


・コーキング溝がカビている場合の対処法
既存コーキングを撤去した後、コーキングの溝がカビている場合があります。
カビはコーキングの状態に大きく影響を与えてしまうので、
綺麗に取り除かなくてはいけません。
市販のカビ取り剤を使い、綺麗に取り除きましょう。

・コーキング溝が完全に乾燥した後に新規コーキングを
既存コーキングを綺麗に取り除いた後、
コーキング溝に水気が付着している事があります。
コーキングには水気は禁物ですので、
綺麗に拭き取りしっかりと乾燥させましょう。
少しでも水気があると新規コーキングが密着しませんので、
完全に乾燥させる事がポイントとなります。

・マスキングテープを活用しよう
素人さんはマスキングテープを張らずにどうにか
コーキング施工を行おうとする方もいらっしゃるようですが、
それでは見た目の綺麗さを出す事は出来ません。
簡単で綺麗にコーキング充填したい場合は、
マスキングテープを張って充填する事が1番おすすめとなります。
マスキングテープは100円程度で売られており、
張り方も簡単ですので必ず行うようにする事が
コーキング成功の大きなポイントとなります。

・コーキング溝が太い若しくは深い場合はバックアップ材の使用を
コーキングの溝が5㎜以上等の幅が広い場合、
若しくは溝が深い場合は、コーキングの充填が難しくなってしまいます。
そんな場合は、バックアップ材を使用すると
コーキングの充填が簡単となります。
ホームセンターにて取り扱っており、
安価ですので是非採用してみましょう。

・コーキングの充填の目安
コーキング充填は意外と難しく、ほとんどの場合余計な空気を
コーキング内に入れこんでしまう事で、
きちんとしたコーキングとならない場合があります。
コーキング充填の際は、コーキング溝の底に押し付けながら
充填する事が、空気を入れないポイントとなります。
また、コーキング溝からはみ出る寸前の程度まで充填する事で、
溝の中に万度なコーキング量を充填させる事が出来ます。

・しっかりとヘラ均しを行う
コーキング充填後ヘラ押さえをするのですが、
この際マスキングテープの端がしっかり見えるまで
ヘラ押さえする事が大事となります。
マスキングテープの上にコーキングが残っていると、
マスキングテープを剥がす際にコーキングが
ガタガタとなってしまい、仕上がりが悪くなってしまいます。

・マスキングテープはコーキングが乾かないうちに速やかに取り除く
マスキングテープは、ヘラ均しを行った後にすぐに剥がす事が鉄則です。
時間が経ちコーキングが硬化してしまったら、
マスキングテープを剥がした際にコーキングに余計な
圧がかかってしまい、コーキングの見た目が悪くなってしまいます。

・コーキング完了後は完全に乾くまで触れない
コーキングの表面は、2~3時間で硬化します。
しかし、完全に中まで乾燥するのは、半日~1日ほどかかってしまいます。
その為、半日~1日はコーキングに触れない事が大事となります。
水回りの場合、水が触れてしまう事も厳禁です。
どうしてもコーキングを施工した場所を使わなくてはいけない場合は、
ビニールなどで触れないように養生をするようにしましょう。

・コーキング材がガンの中に残ってしまった場合
コーキング材がガンの中に残ってしまい保管したい場合は、
キャップと本体の取り合い部分にチューイングガムの包み紙を挟めてネジ込みます。
これで余計な硬化を発せず済みますので、
数か月後に使っても柔らかいコーキングを使う事が出来ます。

このように、DIYでの室内コーキングは、このようなポイントを
踏まえていると楽にコーキング補修が可能となります。
外部はさすがにDIYでは難しいですが、
内部のちょっとした部分であれば可能です。
しかし、DIYでのコーキング充填は決して簡単な事ではありません。

室内のコーキングをDIYで行う為のポイントNO1


家の中など、ちょっとしたコーキングの切れは、
ご自分でメンテナンスを行ってみたいと思われる方も多くいらっしゃいます。
そこで、DIYでコーキングを行うポイントをご紹介します。

・採用すべきコーキングの種類
室内のコーキングに採用すべきコーキングの種類は、
シリコン系コーキングです。
シリコン系コーキングは耐久性に富んでおり、
耐水性や耐熱性にも非常に富んでおります。
その為、台所や浴室などの室内コーキングにとても優れております。

・水が頻繁にかかる部分は防カビ性コーキングを
浴室等常に水がかかる環境のコーキングは、
防カビ性のコーキングが適しております。
湿気が溜まりやすい部位には、防カビ性コーキングを選びましょう。

・DIYのコーキングは一液性がオススメ
DIYでコーキングを行う際は、一液性のコーキングがオススメです。
一液性は先端を切るだけでコーキングが打てるので、
慣れていない方でも簡単に使う事が出来ます。

・コーキングの先端のカット方法
コーキングを使う際に先端をカットして使いますが、
カットする際に少し斜めに切るとコーキングを
打つ際に簡単に充填しやすくなります。
まっすぐカットしてしまうと充填しにくくなってしまいますので、
コーキング工事が上手くいきにくくなってしまいます。
理想の角度は、45度程度です。

・コーキングの先端のカットと打つ場所とが適しているかを確認
室内のコーキングは細く打つ事もありますので、
コーキングの先端のカットの太さはとても重要となります。
徐々に大きくカットするようにし、
充填したい場所の太さと合わせるようにすると、
コーキング充填がしやすくなります。

・コーキングの精度を左右させる「ヘラ」
コーキングを充填した後はヘラで抑えて仕上げますが、
ヘラの採用次第で仕上げに大きく左右します。
1番わかりやすいのが、コーキングを充填する
隙間の太さに合わせてヘラを選ぶ事です。
コーキングを充填する隙間が細い場合は細いヘラ、
太い場合は太いヘラを採用すると、仕上がりが綺麗になります。

・既存コーキングを綺麗に取り除く事が大事
コーキングの打ち直しは、既存コーキングをいかに
綺麗に取り除く事が出来るかにより、
新規コーキングの精度と寿命を高める事が出来ます。
古い既存のコーキングは、カッターやペンチを
使って綺麗に取り除くようにしましょう。
コーキングはゴム状ですので、一気に引き上げると
綺麗に取り除く事が出来ます。
スッキリ綺麗に取り除くと、DIYでも
綺麗なコーキング打ち直しとする事が出来ます。