意外と難しい外部のコーキング


一見簡単そうに見えるコーキング作業ですが、
コーキングの打ち方や扱い方を間違えるだけで、
トラブルに見舞われてしまいます。

【高所作業により危険】

外壁のコーキングの場合、2階や屋根近くまで
コーキング工事を行わないといけないので、
高所作業となってしまいます。
素人さんは、ただでさえ高所作業に慣れていないのに、
コーキングという作業をしながら高所に居るのは
危険が多く降りかかります。
コーキングの手元ばかりが気になってしまい、
足を踏み外し墜落してしまう事故は後が絶えません。
DIYの場合はしごでコーキング工事を行う事が多く、
危険が多く潜んでいる工事となります。
大けがをしてしまう事もありますので、
DIYでお安く施工を行う以上の大きなリスクを背負ってしまいます。

【適したコーキング材料を選ぶ事が出来ない】

コーキングの材料は、どれも同じではありません。
コーキングには色んな種類があり、外壁素材に適した
コーキング材料を選ばないときちんとしたコーキングとする事が出来ません。
適したコーキングを使わない事で、すぐに劣化してしまう
不出来なコーキングを作ってしまう事があります。
また、プライマーも様々な種類があり、
それを素人さんが見極める事は簡単な事ではありません。

【既存のコーキングを綺麗に撤去出来ない】

コーキングの打ち直しは、既存のコーキング撤去を
いかに綺麗に出来るかにより、新規コーキングの精度に
大きな差を付けてしまいます。
DIYで素人さんが行う場合は、どうしても綺麗に既存コーキングを
取り切る事が出来ず、万度な新規コーキングとならない場合があります。
コーキングには打ち増しという工法もあるので、
多少既存コーキングが残っても良いと勘違いをしてしまう方も
いらっしゃるようですが、打ち増しなんていうコーキング方法は
正しいコーキングの施工方法ではありません。
既存のコーキングと新規のコーキングは馴染みにくいので、
必ず綺麗に取り除かなくては万度なコーキングとはなりません。

【天候や温度を見極めてコーキング工事が出来ない】

コーキング施工時には、天候や湿度の度合いが大事となります。
その為、天候や湿度をきちんと見極めてコーキングを行わなければいけません。
素人さんはただコーキング施工をすれば良いと思っている方が多く、
天候や湿度にまで目を向ける事が出来ません。
その為、天候や湿度の影響でコーキングの精度を悪くさせてしまう事があります。

このように、意外と簡単に思えるDIYでの外部のコーキング工事ですが、
実際は大きなデメリットばかりが発生してしまいます。
外部のコーキングをDIYで行う事はとても危険であり、
絶対を付けていい程オススメ出来ません。
外部のコーキング施工は、専門的な知識が必要となります。
想像以上に難しい作業ですので、甘く見て行わないようにする事をオススメします。
外部のコーキングは業者に依頼して、
万全なコーキングと導くようにしましょう。
コーキングは防水力を高める工事ですので、
形だけ作ろうとするDIYでは力不足になってしまう事間違いありません。