外壁塗装工事と同じタイミングで施工すべき理由


コーキング補修は、外壁塗装と同じタイミングで
行う事がとても理想となります。
外壁塗装工事と同じタイミングで施工すべき理由は、
これらがあります。

・足場等の仮設費の節約となる

外壁塗装工事と一緒に行う事で、
足場などの仮設費の節約とする事が出来ます。
外部足場だけでも、15~20万円ほどかかってしまいます。
これがコーキング補修で単独で行って外壁塗装で単独で行うと、
2倍の足場等の仮設費用がかかってしまいますので、
大きな損となってしまいます。

・コーキングは塗装を掛けた方が長持ちする

コーキングは紫外線等の外的刺激に非常に弱い材料ですので、
紫外線をいかに浴びせなくさせるかが大きなポイントとなります。
コーキングの打ち直しの際は塗装が出来るコーキングを採用し、
外壁塗装工事と一緒に施工を行いコーキングの上に塗膜を作るようにしましょう。
コーキングの塗膜を乗せないと5年位でどんどん劣化してしまいますが、
塗膜を乗せる事で外壁塗装と同じような頻度でのメンテナンスが可能となります。

・見た目を綺麗に仕上げる事が出来る

外壁コーキングを単独で打ち直すと、
コーキングを打ち直しした部分だけが著しく目立ってしまいます。
その為、外観の見た目がカッコ悪くなってしまいます。

これらの事を踏まえても、外壁のコーキングは
外壁塗装と一緒に行う事が理想となります。