コーキングの種類と特徴


コーキングの種類も、数多くあります。
コーキングの種類と特徴を、ご紹介します。

・シリコン系シーリング

耐水性に富んでおり、室内で採用される事が多いコーキングです。
硬化後に弾力性を発揮し、伸縮が少ない特徴があります。
透明のコーキングがあり、外壁では設備の穴を
開けた部分に充填する等採用される事が多くあります。
つるつるとツヤのある仕上がりとなる為、
塗料とは相性が良くありません。
その為、シリコン系シーリングの上に塗料を
乗せる事は出来ません。
浴室や台所などの内部の目地や、外部設備ダクト廻りなど、
塗装が必要な部分に採用されます。
室内の水回りで使うシリコン系シーリングには、
防カビ剤配合のコーキングもございます。
透明やグレー、ブラウン系等のカラーバリエーションがあります。

・変性シリコン系シーリング

シリコン系シーリングと比べると耐水性に劣りますが、
追従性が高いので一般外壁に採用される事が多いコーキングです。
シリコン系シーリングよりも、価格は高めです。
塗装を弾いてしまいますので、外壁塗装を行う際は
注意しなければいけません。
外壁の他には、モルタルやコンクリートの目地や
クラック、タイル目地、屋根や金属の目地等に適しております。
カラーバリエーションに富んでおり、お好きなカラーを
事前に注文して伝える事でカラーマスターを作成し
好みの色に作る事も可能です。

・ポリウレタン系シーリング

耐久性が高くゴム弾力性があるコーキングであり、
外部のクラックや目地の補修に適したコーキングです。
紫外線に弱いのが最大の難点であり、コーキングそのままの状態で
紫外線にさらすのは大変危険です。
その為、ウレタン系シーリングの場合は、
必ず上に塗装を乗せるのが鉄則となります。
ガラス周りは塗料を乗せる事が出来ませんので適しません。
アルコールに触れる事で硬化不良が起きてしまうので、
アルコール類を発散してしまう材料と接触させる事は禁物です。

・ポリサルファイド系シーリング

ポリサルファイドを主成分としたコーキングであり、
目地の動きに追従が可能な弾性コーキングです。
ブリードが強いので、塗装を乗せる事は出来ません。
塗装をせず弾性を必要とする部位に採用されるコーキングであり、
ガラスとサッシ、大理石、PCコンクリート、笠木のジョイント、
屋上防水の目地等に採用します。
コーキングの種類の中では、長期の耐久寿命を発揮します。

・アクリル系シーリング

湿った場所でも使用が可能であり、硬化すると
弾性と体となる大変特殊なコーキング材です。
ALC外壁の目地等に採用される事が多くありますが、
耐久性が無いのが難点です。
その為、あまり採用されなくなってきたコーキング材です。

・ジョイントコーク

室内で使うコーキングであり、細いノズルのチューブ型で、
そのままノズルをカットする事で使う事が出来るコーキングです。
やわらかく伸びる素材であり、内壁のジョイント部分などに使います。
素人さんでも充填しやすい素材ですので、
マスキングテープが無くても簡単に充填が出来ます。
以前はホワイト位しかありませんでしたが、
現在はアイボリーやオーク、木材色、抹茶色等の様々な色合いがあります。

このように、施工の内容により使い分けて
コーキングを採用する事が大事となります。

コーキングというのは種類が多く扱いが難しい為、
コーキング工事終了後トラブルが起きてしまう事があります。
コーキングのトラブルが早めに起きてしまった理由は、
コーキング材の選択ミスも大きな原因となります。
コーキング補修の際に適したコーキング材料を採用し、
トラブルの起きないコーキングとするようにしましょう。
特に、DIYでコーキング工事を行う場合は、
コーキング材料の分別が付かず間違ってしまい、
コーキング完了後にトラブルが起きてしまう事があります。
コーキング材料の見極め方に自信が無い場合は、
業者にお願いをしてコーキング工事を行うようにしましょう。

不定形のコーキングの形状


不定形のコーキングの形状は、
次の2つの種類があります。

・一成分形

細いカートリッジに入っているコーキング材であり、
最初から全ての成分が含まれております。
湿気硬化型と言われ、空気中の湿気や酸素、
乾燥により自然に硬化していくコーキングです。
ホームセンターでも取り扱っており、
そのままコーキングガンにセットする事で充填が可能です。
扱いが簡単ですので、DIYで採用される事が多いコーキングです。

・二成分形

成分ごとに材料がわかれており、
使用前に撹拌して材料を混ぜて使うコーキングです。
反応硬化型であり、硬化剤を混ぜ撹拌する事で
反応硬化させていくコーキングです。
専用の撹拌機を使う為に撹拌方法等扱いが難しく、
業者が取り使う事が多いコーキングです。

コーキングの寿命としては二成分形のコーキングの方が長く、
大掛かりな外壁等のコーキング等に適しております。
一成分形のコーキングは湿気硬化型ですので、
周りの外的刺激に左右されやすいために、
どうしても長く持たせる事が難しいコーキングとなってしまいます。