サイディングが採用されやすい理由とコーキングの寿命

近年の外壁工事では、サイディングが採用される事が多くあります。
サイディングは何故普及してきた外壁材料なのか、
サイディングが採用される理由とコーキングの寿命について詳しくご紹介します。

サイディング外壁が採用される理由

30年以上前の外壁は、モルタルが主流でした。
しかし、現代の外壁には、サイディングを採用するお宅が大変増えました。
サイディングが支持されるようになった理由は、
これらのメリットが挙げられます。

・施工時間が短い
モルタルは中塗りや乾燥上塗り等、
非常に手間がかかり施工にも時間がかかってしまいます。
サイディングは既に板状に出来上がっている材料を
外壁に張るだけですので、施工時間が短く済みます。

・施工費用が安い
高価な素材や作りのサイディングじゃない限り、
モルタル外壁と比べると施工費用が安く済みます。

・外壁の精度が高い
モルタル外壁は人力でコテを用いて平らに仕上げていくので、
仕上がり具合は職人さんの腕次第となります。
100%平らに作る事は不可能であり、少なからず凹凸が発生してしまいます。
その為、西日などにより凹凸が目立ってしまい、気になってしまいます。
サイディングの場合既に工場で平らに作られているので、
どの職人さんが張っても平らに張る事が出来、制度の高い外壁を作る事が出来ます。

・軽量な外壁
モルタルはセメントと砂を用いるので、重い外壁となってしまいます。
サイディングはモルタルと比べると軽いので、軽量な外壁とする事が出来ます。
古い建物であっても、余計な荷重を掛けずにすみます。

・見た目のバリエーションが豊富
サイディングは様々なメーカーから様々な種類が発売されており、
平板に始まり、石張調や木目調等、色んな種類があります。
板材を張るだけで、スタイリッシュ外壁を作る事が出来ます。

・ヒビが入りにくい
モルタルは乾燥収縮や経年劣化によりヒビが入ってしまうのが当たり前ですが、
サイディングはヒビが入る事はありません。
モルタル外壁のように、ヒビが多く見受けられる外壁とはなりません。

サイディングの耐用年数に目を向けよう

サイディングには、耐用年数があります。
サイディングの中でも採用される事が多い、窯業系サイディングと
金属系サイディングの耐用年数と劣化の原因をピックアップしてみました。

・窯業系サイディング
耐用年数:7~8年
素材:セメントと繊維質
窯業系サイディングの素材は吸水性が高いため、
サイディングの塗膜が劣化してしまう事で水分を吸ってしまい、
サイディングの素材自体がどんどん劣化してしまいます。

・金属系サイディング
耐用年数:10~15年
素材:アルミ、スチール、ステンレスなど
金属系サイディングの最大の欠点は、サビが発生してしまう事です。
アルミやステンレスはサビない素材ですが、
純度100%のアルミやスチールではないので、
残念ながらサビが発生してしまいます。
サビの部分から、どんどん劣化してしまいます。

このようにサイディングには寿命がありますが、
定期的なメンテナンスを施す事で使い続ける事が出来る外壁材です。

コーキングの寿命にも目を向けよう

窯業系サイディングには、ジョイント部分にコーキング施工が施されております。
コーキングは寿命が早いので、こまめに目を向けなくてはいけません。
コーキングの寿命は5年程度であり、割と早めに劣化してしまうイメージがあると思います。
少しくらいの劣化であればと、放置してしまう方も居るようです。
しかし、コーキングの劣化状態の放置は大変危険です。
コーキング劣化を放置する事で、このような最悪な状態へと導いてしまいます。

・サイディングに雨水が浸透してしまう
サイディングの小口は塗装仕上げをしておりませんので、無塗装状態です。
コーキングが劣化して隙間が開く事で、サイディングの
ジョイントの小口からサイディング内部に雨水が浸透してしまいます。
窯業系サイディングの素材は雨水に大変弱く、即座に素材が侵されてしまいます。

・建物への雨漏りへと導く
コーキングが劣化してしまう事で建物に
雨水が浸透してしまい、雨漏りと化してしまいます。

・建物の断熱材を侵してしまう
コーキング劣化により雨水が浸透してしまう事で、
断熱材に雨水が浸透してしまいます。
断熱材は水分に非常に弱く、1度濡れてしまう事で
断熱効果を失ってしまいます。
後に乾いても断熱効力は戻りませんので、
断熱効果が発揮できない省エネ効果が低い建物となってしまいます。

たかがコーキングと思われるかもしれませんが、
コーキングの劣化だけでこの様な最悪な状態へと発展してしまいます。
しまいには建物崩壊へとつなげてしまう事もありますので、
少しでも劣化が見受けられたら直ちに補修する事が大事となります。