室内にも気にしてほしいコーキングNo2

前回は、水回りでコーキングが必要な所を紹介しました。


今回はそれ以外の所です。



・各部屋の壁の入隅や天井と壁の取り合い

各部屋の入隅部分の口が開いてしまうと、
隙間風が入ってくるので良くありません。


コーキングを行う事で、シャットアウトする事が出来ます。


隙間が狭いので、地震等で大きな力がかかってしまうと、
切れてしまう恐れがあります。




・建具枠と壁との取り合い

建具枠と壁との取り合いも隙間が出来やすいので、
コーキングで埋めて隙間を無くしましょう。




内部のコーキングの劣化を早めない為には、湿気を発生させない事です。


特に洗面所や浴室は湿気が多くなりがちなので、
コーコングが劣化しやすくなってしまいます。


こまめに換気をするようにし、
コーキングの劣化を避けるようにすると良いでしょう。


また、紫外線もコーキングの劣化をさせてしまいます。


各室に紫外線を与えないようにするのも、1つの方法です。


フィルムなどを窓ガラスに張って紫外線を
シャットアウトさせるなど、
コーキングが劣化しないようにすると、
建物の寿命を長くさせる事が出来ます。



コーキングのメンテナンスは、
素人さんでも簡単に出来る様に思えるのか、
DIYでされる方も多いようです。


コーキングで大事なのは、2面接着で均等な厚みの
コーキングを作る事です。


意外と簡単に聞こえますが、物凄く技術の要る事ですので
決して簡単ではありません。


DIYで行って均一なコーキングの厚みが作れず。
たった数年で切れてしまう事はよくあります。


その為、素人さんがメンテナンスを行っている
室内コーキング部分は劣化が激しく、
知らず知らずのうちに建物に大きな
負担を与えている場合があります。


コーキングの幅は広くても施工が難しいですが、
室内のような細い幅の施工もとても難しいです。


室内のコーキングは、プロの防水屋さんに
行ってもらう事をオススメします。
私が防水工事をしてくれる業者を探すときには、
まずはインターネットで色々情報を探します。

実際の防水工事の見積もりが掲載されたサイトがありますので
参考になるかと思います。
>>防水工事

サイディングのコーキング劣化が割と早く進む理由NO2

サイディングの場合は10年程で、
前回お話した様な状態になってしまいます。


他の外壁材のコーキングよりも寿命が短いですが、
コーキン自体の厚みなどの大きさが全く違うので
新築の際のコーキングの費用も全く違います。


他の外壁材のコーキング施工よりサイディングの
コーキングは安価ですので、寿命が早いのは仕方のない事と言えます。


劣化が進んだ状態のコーキングは、
早めに打ち直しを行いましょう。


この際、既存のコーキングの上に打ち増しを行うなんて事は、
絶対にしてはいけません。


打ち増しで大丈夫等という口車で、
工事を請負おうとする業者も居ます。


このような業者は、単純に工事を請け負いたいだけの業者ですので、
絶対に頼まないようにしましょう。


防水は建物にとても大事な事ですので、
安易に適当な工事をしたら建物がダメになってしまいます。


防水は、丁寧に手厚い補修やメンテナンスを
行わなければなりませんので、確実性が必要となります。


外壁のコーキングをリフォームする場合は、
足場や高所作業車が無いと施工が出来ません。


その為、目に見えない仮設の費用が大きくかかってしまいます。


しかし、はしごで外壁の全てのコーキングを
万度に行う事はあり得ないので、絶対に避けなければいけません。


仮設に大きなお金がかかってしまうので、
外壁工事や屋根工事等を一緒に行うと、
仮設費用を節約させる事が出来ますので、オススメです。

サイディングのコーキング劣化が割と早く進む理由NO1

サイディングは、厚み14㎜以上に板材です。


サイディングのコーキングは、ALC板やコンクリート壁等の
コーキングより寿命が短いと思った事ありませんが。


こんなに寿命が短いなんて、手抜き工事でもされたのかしら、
と思うかもしれませんが、サイディングのコーキングの
寿命が短いのには確かな理由があります。


それは、他の外壁材のコーキングと比べると、
サイディングのコーキングは厚みが非常に薄いという事です。


サイディングの厚みにより違いますが、
おおよそ10㎜程度の厚みが一般的なので、
コーキングとしては薄い種類となります。


その為、早く破断してしまい傷み出してしまいます。


年数ごとのサイディングのコーキングの劣化状態は、
このような状態が一般的です。



①6~10年程度
コーキングに、細かいヒビが入っていきます。


この場合、表面にうっすらヒビが入っているだけですので、
防水上の心配はありません。



②10年程度
コーキングと外壁材との取り合いに隙間が生じてきて、
コーキング自体が明らかに切れている状態。


コーキングとしての役割をなしていないので、
打ち直ししなければならない。



③10年以降
コーキングの溝の中でコーキングがヨレだし、
コーキングが剥がれ落ちてくる事もあります。


コーキングとしては致命傷な状態であり、
建物の内部にまで影響を与えている可能性があります。


ただちに、打ち直しを行わなければならない。



サイディングの場合は10年程で、このような状態になってしまいます。


次回はそんな時どうしたらよいかを書きます。


コーキングは3面接着してはいけない理由NO2

さて、コーキングを3面接着してはいけない理由の続きです。


問題は、数年後です。


コーキングの劣化が早く、早いお宅で3年で劣化した
なんていうパターンもあります。


コーキングには3面接着がいかにダメなのか、
これで理解できると思います。


そう考えると、安易なコーキング施工というのは
全く意味がない事も解ると思います。


特に外壁のコーキングは高さもありますので、
安全性も考えるとプロにお任せするのが1番です。


適したコーキング下地により、精度の高いコーキングに
仕上げる事が出来ますので、
最低10年はコーキングを持たせる事が出来ます。


安易に考えてDIYでコーキングを行っている方は非常に多いですが、
結果短期間でのリフォームとなり工費がかさんでしまっています。


リフォームはお安い金額ではありませんので、
余計なお金をかけない為にもプロにお任せする事をオススメします。

コーキングは3面接着してはいけない理由NO1

コーキングは、3面接着してはいけません。


コーキングの溝は左右と底の3つの面がありますが、
底の1面に接着させない施工方法が鉄則となっております。


DIYでコーキングを行うとそれが出来ず、
短い期間でコーキングを劣化させてしまう事があります。


3面接着は、何故ダメなのでしょうか。


目地底に接着して3面接着になってしまうと、
コーキング材が本来行わなければいけない作用の
伸縮性を発揮する事が出来ません。


3面接着で動きが鈍くなってしまい、
コーキング材の膨張や伸びないコーキングになってしまい、
大きな負担がかかりヒビや破損の原因となってしまいます。


サイディング等の既製の外壁材には、
あらかじめ目地底にボンドブレーカーという
特殊なフィルムが張り付けてあります。


これは、目地底にコーキングが付着しないよう
3面接着防止の為に取り付いています。


コーキングのリフォームの際に既存のコーキングを撤去した際、
ボンドブレーカーも一緒に取り除かれてしまう事があります。


この際、プロは新規でボンドブレーカーを入れます。


しかし、素人さんはボンドブレーカーの意味を解っていないので、
ボンドブレーカーが無くなってしまった目地底そのままの上に
コーキング充填を行ってしまいます。


結果的に3面接着となり、コーキングの作用を発揮する
事が出来なくなってしまいます。


3面接着であっても、仕上がったばかりの表面は綺麗ですので、
何の違和感もありません。


問題は数年後です。
次回は数年後どうなるかについて。

コーキングを塗布する際のプライマーとはNO2

前回の続きです!


プライマーの塗布後にオープンタイムを経過した後に
コーキング充填をしますが、プライマーを塗布してから
長く放置してしまう事もあります。


この場合は、8時間以内にしなければならないと定められています。
プライマーを塗布した翌日にコーキング充填というのは、
プライマー塗布後の有効時間を考えると有り得ないという事になります。


プライマーは、製造年月日より6ヶ月以内と言われています。
最近のプライマーは12カ月以内であってもOK
という物も出始めたので、チェックしてみると良いでしょう。


このような有効期間を過ぎたプライマーを使ってしまう
業者もありますので、注意しなければなりません。


プライマーと言えば外部のコーキングを想像すると思いますが、
内部の特に水廻りに施工するコーキングは、
密着度を増す為にプライマーを塗布する事をオススメします。


内部のコーキングは1液性のカードリッジの
コーキングを使う事が多いですが、
湿気が多い部分はコーキングの寿命が低いので、
プライマーで強度を増す事はとても大事となります。


DIYでコーキング施工を行う場合、
コーキング自体の充填にばかり目が行き、
それ以外の工程がおろそかになってしまいがちです。


コーキングはしっかり密着して精度を上げる為に、
プライマー等の下地処理をきちんと行います。


行わなければ、精度の高いコーキングは出来上がりません。
DIYのコーキング施工の品質が低いのは、
このような下処理をおろそかにしているからです。


もちろんDIYでプライマー塗布は出来ますが、
プライマーにも塗布の仕方があります。


塗布の仕方が良く無ければ、
コーキングの精度が下がってしまいます。


コーキングはとても大事な部位ですので、
やはりプロのコーキング屋さんに施工を
行ってもらう事をオススメします。

コーキングを塗布する際のプライマーとはNO1

コーキング施工を行う前に必ず使わなければ
いけない材料が、プライマーです。


DIYでコーキングをされる方は、プライマーの意味を
全く知らずに省略してしまう方も多いようです。


しかし、プロが必ず行うプライマーの工程は、
大きな意味があるから行っております。


プライマーとはどのような物なのか、ご紹介します。


プライマーは、コーキングの密着性を高める為に塗布する材料です。


接着剤のような役割を担っており、塗布しなければ
コーキングの接着度を弱めてしまいます。


コーキングの各メーカーから販売されており、
コーキングの材料に適したプライマーを使います。


違ったコーキングへ適したプライマーを使うと、
プライマー自体の効果を発揮する事が出来なくなってしまうので、
注意しましょう。


1つの面2つ以上の種類のコーキングを使う場合、
プライマーは2種類を使う事となります。


面倒だからと1種類のみを塗布してしまっては、
効果を発揮出来ません。


ホルムアルデヒド放散等級に該当している材料と、
該当していない材料とがあります。


外部で使うプライマーであっても、
ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆に該当している物を
選定しましょう。


プライマーのタイプは1液性であり、
色は淡黄色の透明です。


コーキングを行う部位に、
清掃等を行った後に刷毛を用いて塗布します。


しっかり塗布した後、オープンタイム以上放置をします。


温度によりオープンタイムは異なり、
5℃で60分、23℃で30分以上、30℃で20分以上となっております。


施工温度によりオープンタイムが違いますので、注意しましょう。


続きは次回に!

コーキングが余計な場所についちゃった!取り除く方法

コーキング工事を行っていた時、うっかりコーキングに
手を触れてしまった…このような事良くありますよね。



コーキングは、手についてしまうとベトベトで
扱いに非常に困ってしまいます。
石鹸では反応しないので、幾ら一生懸命に洗っても
綺麗に落とす事は出来ません。



万が一、コーキングが手などの余計な部位に取り付いてしまった場合は、
ラッカーシンナーで取り除くと綺麗になります。


ただし、プラスチックや塗装してある金属に塗布してしまうと、
溶けてしまう事があります。


その場合は、塗装の薄め液を使うと良いでしょう。
少量のコーキング付着でしたら、マニキュアのリムーバーも役に立ちます。


薬剤を使った後は、きちんと洗って薬剤を落としましょう。
そのままにしておくと、手が荒れてしまう可能性があります。


また、洋服に付いてしまったコーキングは、
薬剤などを一切付けずに硬化する事を待ちましょう。


カサカサに硬化したら、揉み込むとポロポロと取れていきます。
コーキングの中でも変性シリコンは洋服等に付くと
硬化しにくい性質を持っているので、
硬貨まで待つのは時間がかかってしまいます。


その場合に役立つのが、ケシゴムです。
消しゴムでコーキングが付いた部分を消すと、
消しゴムのカスにコーキングが付いていきます。


ちょっと時間がかかりますが、確実に落とす事が
出来ますので根気よく行ってみましょう。


洋服等の布材に薬剤を付ける事は、
繊維を傷めてしまうので望ましくありません。


コーキングが付いてしまった部位により取り方が全然違い、
間違ってしまうと余計な負担を与えてしまうので、
適した除去方法で綺麗にしましょう。

お風呂のコーキングのカビは放っておいても大丈夫?

お風呂は湿気が多いので、コーキングに
カビが発生してしまいますよね。


洗ってもカビ取り洗剤を掛けても取れないカビ入りの
コーキングは、撤去して打ち直す事をオススメします。



お風呂のコーキング部分は、これらが挙げられます。



・お風呂の壁や天井、の床の入隅
・浴槽と壁との取り合い

・窓廻り

・出入り口廻り




これらの部分に、コーキング施工されております。



浴室などの湿気が多い部分に適しているコーキングは、
防カビ剤入りのコーキングです。


しかし、それが使われていない場合は、
簡単にカビを浸食させてしまいます。


カビは体に良くありませんので、何をしても取れない場合は
新しく打ち直しをしましょう。



お風呂のコーキングは、外壁などの一般的なコーキングとは
違い非常に細い形状なのが特徴です。


細い形状のコーキング打設は非常に難しいので、
DIYで行う事はオススメできません。


簡単そうに見えるのでDIYでやられる方も多いですが、
充填の際や抑えの段階での施工不足が多く、
コーキングとしての意味をなさない場合とても多いです。


DIYのコーキングの場合は、目地の奥まで確実に充填する事が
想像以上に難しく、中に空洞が出来ている場合が多いです。


また、最後の抑えの際に、ヘラや指にて抑える場合に
見た目ばかりが気になり、力を軽くしか入れないで指やヘラで
抑えてしまう為、コーキングの密度が乏しくなってしまいます。


表面だけがまともに出来上がっても、コーキングの精度としては
全く伴っていないので、おススメ出来ません。


DIYでも簡単に出来るとネット上等に書かれていますが、
残念ながらそれは間違っていると言えます。


防水は物凄く大事な事ですので、
必ずプロのコーキング屋さんにお願いしましょう。


お風呂のコーキングは何メートルも無いので、
プロに施工してもらっても安価で済ませる事が出来ます。


DIYで行って失敗して建物に影響を与えてしまったら、
プロに頼んだコーキング料金よりはるかに高上りになってしまいますよ。

コーキング打ち替えの場合は必ず既存のコーキングを全て撤去しなければならない

コーキング打ち替えの場合、必ず既存のコーキングを
撤去した後に新しいコーキングを打設するのが鉄則です。


しかし、業者によっては、このような事をパターンがあります。




・既存のコーキングをカッターなどで撤去すると
下地の防水材を切ってしまうので良くない


・既存のコーキングを綺麗に撤去する際に、
外壁の素材に大きな影響を与えてしまうので良くない


・既存のコーキングを撤去するよりも、
その上の打ち増しをした方がコーキングの量を節約できるので
安価な工事費になりオススメ。


・コーキングのリフォームは打ち増しが多い




このような事を言う業者がいますが、全て間違った考え方です。



既存コーキング撤去でカッターを入れる際、
下地の防水紙に傷を付けてしまうという話ですが、
コーキングの目地の下地部分は胴縁や貫等の
木下地が必ず入っているので、防水紙に傷を付けて
しまうというのは一切ありません。


外壁への負担も、ありません。



古いコーキングと新しいコーキングは密着しませんので、
打ち増ししても何の意味もありません。


コーキングのリフォームは、既存のコーキングを
いかに綺麗に取り外すかによって、
新しいコーキングの効果を発揮させる事が出来ます。


打ち増しで問題ないという業者は仕事を解っていなく、
ただ仕事の量をこなしてお金にしようとしている
業者さんと言えるでしょう。


外壁のコーキングはとても大事な部分ですので、
確実な施工方法で効果を高く発揮させるようにしなければなりません。


気泡が入ったコーキングは大丈夫なのかNO2

気泡が入ったコーキングについての続きです!



気温や温度の原因の場合は、明らかに致命的な
気泡が生じている事が殆どです。


撹拌の際の練り込まれた空気の場合は、
ミクロ級の気泡ですので全く問題がありません。


どちらの原因にしても、硬化後のコーキングを
手で押して確かめてみましょう。


押して厚みがあるようでしたら、細かい気泡ですので
コーキングの精度には問題はありません。


押してみて明らかに厚みが無く薄いと感じた場合は、
コーキングの精度を発揮しない状態です。


必ず打ち直して、高い精度のコーキングにしましょう。



また、気泡が起きてしまうコーキングは、
厚みが必要以上にある場合が大半です。


目地底が10㎜以上ある場合は、様々な理由から
気泡が起きやすくなってしまう傾向があります。


バックアップ材等を入れて目地厚みを薄くすると、
気泡を発生させづらくさせる事が出来ます。



気温や湿度が原因で起きている気泡は、
このような明らかに薄い膜になっているコーキングの場合があります。



コーキングに生じている気泡は、施工業者に直してもらう事が可能です。


全て無料で直してもらって当然ですので、
ご自分で余計な手間を加える事は絶対にせず、連絡をしましょう。